ホーム商品一覧水周りが安い理由お問合せの流れスタッフ紹介施工事例お客様の声

ホームよくある質問一覧

よくある質問

4.内装、バリアフリーリフォームについて

 
内装材にはどんな種類がありますか?
 
床材には、フローリング・カーペット・クッションフロア・フロアタイル・コルクタイル・タイル・石畳などがあります。
フローリングは木のぬくもりがあり、むく材になると、湿度調節の作用もあります。
複合フローリングでは、防音タイプ、表面塗装や基材の工夫により、ワックス不要タイプ・抗菌加工・耐傷性・耐汚染加工などいろいろな加工を施したものがあります。
カーペットは保温や防音の効果が高く、ウール100%のものには空気中の有害物質を取込み浄化する作用がある、とされています。
クッションフロアやフロアタイルは合成樹脂系なので水に強く、水廻りに向いています。
コルクタイルは断熱と保温効果があり、すべりにくいです。弾力性・吸音性にも優れています。表面加工法により強度やデザイン性に違いがあります。
タイルや石は玄関ポーチ、浴室などに主に使われます。大理石は酸に弱いので浴室などには向きません。
天井・壁材には、ビニールクロス・布クロス・紙クロス・木・タイルなどがあります。
ビニールクロスは、様々な色と柄があります。耐久性があり汚れても掃除がしやすく、他の内装材に比べて安価です。
布クロスは種類が限定され、質感に柔らかさや高級感がありますが、コストは高めで、汚れがつくと落ちにくいです。
紙クロスは輸入品が、色・柄が豊富です。材料自体薄い為、下地調節に手間がかかります。
木にはむく材と合板があります。
タイルは主にキッチンや浴室、トイレの壁に使用されてきましたが、現在はお掃除のしやすいパネルが人気です。
      
 
 
床のカーペットを貼り替えたいのですが、フローリングのほうがいい?
 
最近では、フローリングに貼りかえるケースが多くなっています。
ダニやホコリの心配、清掃のしやすさなどでは木質フローリングのほうが優れているといえます。耐防汚、耐クラック、耐水、耐熱、防音などの性能もいろいろあり種類も豊富。
ただしカーペットよりは費用がかかります。
 
 
リフォームで床暖房にできますか?
 
床暖房には、温水式と電気式の2種類があります。
温水式は、熱源はガス、電気、灯油のいずれかです。給湯器やボイラーで温水をつくり、それを床下のパイプに通しパイプから伝わる熱で床を暖める仕組みです。
電気式は、床下のヒーターに電気を通し発熱させて暖房する仕組みです。一般にマンションや使用日数の少ないケースでは、電気式が有利です。
リフォーム用として、ヒーターとフロアが一体となった既存フロアの上から施工できる商品も開発されています。
 
 
畳は何年で取替が必要?
 
2年ごとの裏返しで4年の表替が基本と言われていますが、日頃のお手入れで変わってきます。
畳替えは、傷みが少ない場合で15年〜20年位です。歩いたときにぶよぶよしたり、畳と畳の間にすき間ができてしまったら取替え時です。
 
 
デッドスペースを利用して収納を増やせますか?
 
小屋裏空間や階段の下などが、まず、挙げられます。また、1階だけでなく、2階に設置可能な床下収納もあります。その他、畳の下に床下収納を作った例もあります。
 
 
リフォームで防音・遮音対策できますか?
 
可能です。方法は、まず窓に内窓を付けて二重サッシにしたり、防音・断熱サッシに取替えします。
壁は、ボードを二重貼りにし、二重壁を作って中空層を設けたり、遮音シートを使ったり、グラスウールを入れたりする等の方法があります。
床の場合は、下地を二重床にしたり防音フローリングを用います。特にマンションで畳やカーペットの床をフローリングにするときは階下への注意が必要です。また、プランニング時に水廻りの壁の横に収納を配置するなども、水音などを軽減するのに有効です。
オーディオルーム、ピアノ室などは特に遮音性能の高い内装材や建具の選定が必要です。スペースがあればユニット型の防音室の設置も検討されるといいでしょう。
 
 
収納家具は、造り付けとユニットとどちらがいいですか?
 
造り付け家具は、スペースや物に合わせてピッタリ造れるのが魅力です。
ただ、注文してから時間がかかる、躯体に造り付けてある場合は移設ができない、コストがかかるなどのデメリットもあります。材料によりかなり金額的にもかわってきます。
ユニット家具は、造り付け家具ほどスペースを有効活用はできませんが、工場生産品の為、品質もよく、安価で、後で買い足したり同じシリーズで揃えたりする事も可能です。いろんな面から比較検討が必要です。
 
 
リフォームで住宅の断熱ができますか?
 
住宅の中で外気の温度を最も伝えているのは窓です。その為、既存の窓の内側に新たにサッシを設置して二重窓にしたり、ガラスをペアガラスにしたりするサッシ工事がお勧めです。これによって結露を和らげる効果もあります。また、断熱材が入っていない箇所に断熱材を入る等の方法もあります。ただし、きちんとした防湿対策、通風、換気計画も必要です。
 
 
高齢者に配慮したキッチンにするには?
 
まず、床は濡れても滑りにくく汚れにくい仕上げにします。負担が無い様、クッション性のあるものもよいでしょう。カウンターも足腰に負担がかからない高さのものを選び、安全に配慮し、立ち消えや消し忘れに対する安全装置がついている調理器具や、天板より一段低くなったコンロ、炎が出ない電磁調理器なら、尚安心です。
水栓はレバーが操作しやすく、湯温調節が容易なタイプのものがいいでしょう。
また、車イスやスツールに座ったままで台所仕事ができるニースペースタイプのキッチンや、キッチン本体に大型握りバー(サポートバー)を設置し体をもたせかけたり、手すりとして便利に使えるタイプもあり、足元に床暖房、または足元温風機などを取付けるのもおすすめです。
 
 
高齢者に配慮した浴室にするには?
 
寒暖の激しい変化によって心臓麻痺を起こすヒートショック現象を避けるため、暖房機能付きの換気扇がお勧めです。また、タイル貼りの在来工法からユニットバスにするだけでも断熱効果が高まりますし、更に、ユニットバスの周りに断熱材を入れる事も可能です。更に、介護が必要になった時のことを考え、介護可能なスペース(1坪以上)を確保しておくことが望ましいでしょう。浴室の出入り、洗い場での立ち座り時等の為に手すりを取付けもポイントです。
また、内部はまたぎやすい高さの浴槽で、滑り止めのあるものにし、足先が届く大きさにします。浴槽の中にステップがついている物や、ふちに腰掛けられるタイプのものもありますので、実際にショールーム等で入ってみると良いでしょう。
床も滑りにくい仕上げ材を選び、入口は段差のないフラットな状態にする事。そして、幅600mm以上の引き戸、もしくは折れ戸にし、外から解錠できるようにします。
お風呂は最も事故が起こりやすい場所ですから、通報設備を設置する等、安全性の高い商品を選んだほうがよいでしょう。
 
 
高齢者に配慮して安全性を高めるポイントは?
 
■ドアのノブは扱いやすいレバー式ハンドルにする。
■階段は、可能なら広く緩やかで踊り場付きの曲り階段がよい。
■わずかな段差がつまずきやすい。段差を無くして平らに。
■浴槽の形は和洋折衷型のもので、半埋め込み式がよい。
■階段の照明は、踏み面を集中的に照らす足元灯を併用する。
■玄関や廊下、浴室、トイレ、階段に手すりをつける。
■車イスで廊下や出入り口を通るには、1m以上の幅が必要。
■床材選びは慎重に。滑りにくい材料がよい。

以上のようなポイントがあります。
 
 
健康に配慮した建材にはどんなものがありますか?
 
現在、内装材のホルムアルデヒド等の人体に有害な化学物質に対する表示や規制は厳しくなっています。フローリングや建具などの木質建材では、ホルムアルデヒドに関する等級が定められており、F★★〜F★★★★まであります。このうちF★★★★表示の材料は制限なく使えますが、F★★★までの材料は換気の状況に応じて使用面積が制限されます。
畳では、備長炭入り、ひのきチップ入り、竹炭入りなどのものもあります。壁材では、断熱性や調湿性に優れている、しっくい壁、けいそう土などの塗り壁材や調湿、吸着機能のあるタイル建材などがあります。また、壁紙ではEマーク、RALマーク、ISMマークなど安全規定を満たした壁紙につけられるマークがあり、このマークのついたものはホルムアルデヒドなどの化学物質が低レベルに規制されています。
 
注目お役立ち情報