ホーム商品一覧水周りが安い理由お問合せの流れスタッフ紹介施工事例お客様の声

ホームよくある質問一覧

よくある質問
1 | 2 | 3 | 4  次>  
 
共働きで日中家に誰もいないのですが大丈夫ですか?
 
工事前にご近隣にご挨拶いたしますので、不審がられることはないと思います。また、工事中は鍵を担当者が責任を持って管理致しますので、ご安心下さい。
 
 
大体でいいので金額を教えてくれますか?
 
リフォームは現場の状態や、細かいご希望によって金額が変わります。現況調査をし、プランのご提案とともに見積をお出しいたします。
      
 
 
予算はどれくらいみておけばいいの?
 
工事内容によって変わってきますので、まずはご相談頂き無料見積りをさせていただきます。また、ご予算に応じて提案をさせて頂きますので、お問い合わせの際にご予算をお伝え下さい。
 
 
現場調査や見積など、どこまで無料でしてもらえますか?
 
リフォーム北九州では、実際の施工に入るまでの現場調査やお見積り、ご提案は原則無料です。
お気軽にお申し付け下さい。
 
 
住みながらでも、工事は出来る?
 
一戸建てでもマンションでも、住みながらで大丈夫です。大掛かりなリフォームの場合でも、部屋毎や1、2階に分けて工事を行う事も出来ます。
ただし、水廻りなどの工事ではキッチンやお風呂が使えなかったりと不便な面は出てきますので、考慮しておく必要はあります。
 
 
近所への挨拶はどうしたら良いですか?
 
ご近所への挨拶は、当社が基本的に行っております。工事中は、騒音や職人の出入り、機器の搬入や工事用車両の駐車など、色々と近隣の方々にご迷惑をおかけする事もありますので、ご挨拶に伺ったときに、予定工期を含めてご説明致します。
 
 
工事後の保証はありますか?
 
工事部位によって、最長5年の独自保証を設けています。完工後「工事保証書」を発行致します。リフォーム北九州ならではの安心です。
 
 
取り扱いメーカーはどこ?
 
TOTO LIXIL (INAX SANWAVE TOSTEM 新日軽 TOEX) クリナップ ヤマハ パナソニック タカラ 松下電工 ハウステック ジャニス NORITZ リンナイ パロマ CHOFU YKK 三協 立山 ヨドコウ イナバ 東洋シャッター 三和シャッター 大建 永大 東洋テックス ウッドワン 朝日ウッドテック アイカ サンゲツ リリカラ 東リ シンコー タチカワ ニチベイ 三菱電機 サンヨー 東芝 日立 シャープ ダイキン アイホン 小泉産業 オーデリック ニチハ クボタ松下 セキスイ 等
各種メーカーの商品を取り扱っております。
 
 
工事の時間はいつ?土日も入れますか?
 
工事内容によって違いはありますが、通常、段取りや準備の時間を含めて、朝8時半〜17時半まで工事をしております。
また、土曜日は行っていますが、日曜日は原則として工事はお休みです。当社ショールームは日曜・祝日も営業致しております。
工事の日程や時間の詳細は、工事内容やその時の天気や気候によって変わる事もありますので、詳しくは担当から工事前にご説明しております。
 
 
満足するリフォームをするポイントは?
 
現在の住まいの不満を紙に書き出してみて、その中からどうしてもリフォームしたい箇所、できたらしたい箇所、削っても構わない箇所等、優先順位を決めて行くと、具体的に進めやすくなります。 また、図面やお客様が参考にしたい写真等があればお見せ頂けますとよりスムーズです。
 
 
建替えとリフォームはどちらがいいの?
 
全面改修で新築より高額になる場合や、かなり老朽化が進み、地盤や土台、柱に問題がある場合などは、建て替えをおすすめします。ただし、建て替えとなると取り壊し費、2度の引越し費用や仮住まい費用、登記の費用など、建替え以外の部分でも余分に資金が必要です。
予算に限りがある場合や、お急の場合、住みながらを希望される場合はリフォームを。
また、建物が敷地ぎりぎりに建っている場合など、建築基準法が建築当時と異なっている場合、建て替えの際には現在の基準に合わせなければなりません。その為、規制を受ける事になり、建替えによって今より小さい家屋になるときもリフォームをおすすめします。
最近は、家1棟まるごとリフォームできるお得なパック商品もあります。
 
 
増築したいのですが、どのくらい広くできますか?
 

増築する部屋の使用目的はもちろん、外観もよく考慮することが必要です。一階部分に既存の屋根の下に差しかけての増築が費用的には安くすみますが、天井が低くなったり、見かけも良くありません。

逆に、一部を解体して既存の部分を広くする場合や平屋に2階を増築する場合などは費用も工期もかかります。

また、10平米を超える増築には確認申請が必要ですし、その他建築基準法で規制を受ける場合もありますので、気になる場合は市区町村の役場に確認を取る事をお勧めします。

 
 
 
 

   

 
 
   
 
   
 
 
   
 
   
 
 
   
 
   
 
 
   
 
   
 
 
   
 
   
 
 
   
 
   
 
 
   
 
   
 
注目お役立ち情報